スタッフブログ

2019.01.29更新

みなさん こんにちわ

司法書士の梨子本です

 

最近、成年後見・遺言に代わる新しい相続の手法として「家族信託」が注目されています

認知証が発生してしまったら、不動産の売却や預金の引出等は、成年後見制度は制約が多く、本人以外の家族が利用しづらい面があります

遺言は、書き換えの恐れや二次以降の承継先が自身の遺言では指定できない等の問題もあります

家族信託は、財産管理対策、承継対策に有効な制度です

 

そこで、地域市民の皆様方を対象として、家族信託の制度を知って頂きたく、下記のとおり「家族信託セミナー」を開催します

場所:多摩市民館

日時:2月9日(土)午前10時から午前11時45分

費用:無料 

申込方法:当事務所まで電話にて 044-952-9550 要予約 定員20名程度

 

多くのご参加をお待ちしています

 

司法書士 梨子本 靖

投稿者: 司法書士梨子本綜合法務事務所

2019.01.07更新

新年明けましておめでとうございます

気持ちを新たにして頑張ってまいりますglitter

 

さて、終活という言葉も定着しつつありますが、終活に関連した話題です

 

昨年の7月6日に民法の相続法部分が改正されまして、7月13日に公布されました

その改正分野のうち、先行して本年1月13日から施行される「自筆証書遺言の方式の方式緩和」について

簡単にご説明いたします

 

今までは、自筆証書によって遺言書を作成する場合、遺言者自身が全文を手書きしなければなりませんでした

代筆やタイプ、パソコンで作成したものは、署名が自筆であっても法的には無効でした

 

しかしながら、改正民法では、本年1月13日以降に作成される自筆証書遺言は、不動産や預貯金の口座等の財産を特定した

目録については、手書きによらなくてもよいことになりました

この方式緩和により、自筆証書遺言が作成しやすくなりましたが、その反面悪用されること等も危惧されています

 

専門職の立場からは、基本的には公正証書遺言をおすすめいたしますが、ご希望やケースによって自筆証書遺言の作成の

お手伝いもさせて頂きますので、遠慮なく当事務所までご相談くださいnico

 

 

 

 

 

 

 

 

 

投稿者: 司法書士梨子本綜合法務事務所

2018.09.05更新

平成30年8月26日(日)付けの日本経済新聞の朝刊の記事です

我が国で認知症を患わっている方が保有する金融資産が、2030年度には215兆円になるそうです。

ピンときませんが、家計金融資産全体の10パーセントを超えるとのこと。

 

認知症になると判断能力が低下して、金融機関から成年後見人を選任しないと解約・引き出しができません

(預金が凍結)と言われたりします。

しかしながら、成年後見制度の利用も進んでないのが実情です

定期的に報告する義務や家族が望む相続対策ができないなどの制約があったり、司法書士や弁護士が成年後見人や

成年後見監督人に選任された場合の報酬が本人が亡くなるまで発生するなどが主な理由と考えられています。

なお、「家族信託」は、上記の問題を解決することができる可能性があります

 

しかし、記事にある家計金融資産全体の10パーセントを超えるとなると、一家族の問題を超えて社会経済の問題に発展しかね

ないですね。

やはり「家族信託」の普及に努めることが大事と改めて感じました

当事務所では、「家族信託」などの生前対策(財産管理対策、資産承継対策)について、ご相談を待ちしております

 

 

 

投稿者: 司法書士梨子本綜合法務事務所

2018.06.28更新

みなさん こんにちわ

 

当事務所では、相続と贈与に関する情報を、メールマガジンの形式で毎月無料配信していますrabbit

 

本HP内の「ブログ」の「メルマガ情報」に同様の記事が掲載してありますので、

ご興味のある方は、ご参考にしていただけますと幸いですglitter

 

司法書士 梨子本 靖

投稿者: 司法書士梨子本綜合法務事務所

2018.06.15更新

みなさん こんにちわ

司法書士の梨子本です

 

当事務所主宰で「家族信託セミナー」を開催いたしましたので、ご報告いたします

本年3月17日(土)多摩市民館で、4月21日(土)麻生市民館で開催いたしました

 

業者主催でなく、士業独立系の家族信託セミナーは、この地域では初めてだったと思います

 

多摩市民館では定員20人(参加19人)、麻生市民館では定員25人(参加31人)のところ、

定員を大きく上回る応募を頂戴しました ありがとうございましたgya

 

参加者の方から、ご相談をお受けした方も多数いらっしゃいました

現在ご依頼を頂きまして、家族信託を設計中の方もいらっしゃいます

 

家族信託は、成年後見・遺言に代わる新しい相続手法として近年注目されています!

 

ご興味ある方は、当事務所にお問い合わせください

 

司法書士 梨子本 靖

投稿者: 司法書士梨子本綜合法務事務所

2018.01.04更新

本年もどうぞよろしくお願いいたします

 

私は、昨年一般社団法人家族信託普及協会の家族信託専門士特別研修に参加していましたが、

この度無事終了し、「家族信託専門士」の認定を受けました

 

家族信託については、昨年テレビや雑誌などでも取り上げられ、市民の間でも急速に知れ渡りつつ

ありますが、当事務所では、家族信託ありきではなく、正しい家族信託のありかたも含め、ご相談者の

ニーズをくみ取りながら、最適な財産管理・承継方法のご提案をしていきたいと思っています

 

司法書士 梨子本 靖

投稿者: 司法書士梨子本綜合法務事務所

2018.01.04更新

本年もどうぞよろしくお願いいたします

 

私は、昨年、一般社団法人家族信託普及協会の家族信託専門士特別研修に参加していましたが、

この度無事終了し、「家族信託専門士」の認定を受けました

 

家族信託については、昨年テレビや雑誌などでも取り上げられ、市民の間でも急速に知れ渡りつつ

ありますが、当事務所では、最初から家族信託ありきではなく、正しい家族信託のありかたも含め、

ご相談者のニーズをくみ取りながら、遺言、後見、生前贈与等も含め最適な財産管理・承継方法の

ご提案をしていきたいと思っています

 

司法書士 梨子本 靖

投稿者: 司法書士梨子本綜合法務事務所

2017.12.04更新

こんにちわ すっかり寒くなってきました

 

私は、現在、家族信託普及協会の特別研修に参加しています

無事終了認定されましたら、家族信託専門士(司法書士・弁護士)の称号が付与されます

 

この資格がないと家族信託の仕事ができないわけではないですが、しっかりとした業務を

行いたいので参加しています

 

家族信託については、最近テレビや雑誌などでも取り上げられることが多くなってきましたが、

認知症対策、事業や資産の承継対策、共有対策などに有効です

従来の民法等では対応できなかった事案を解決できる無限の可能性があります

 

当事務所の今までの業務として、生前業務として、成年後見申立や遺言書作成・贈与手続き、

相続業務として、遺言執行業務、相続手続き一括サポートサービス(遺産整理業務)などが

あります

 

今後は、上記業務に加えて、生前対業務及び相続対策業務として、信託組成及び信託契約書作成の

家族信託業務を本格的に取扱いいたします

 

一層みなさまのお役にたてるものと思います 

 

司法書士 梨子本 靖

 

 

 

 

 

投稿者: 司法書士梨子本綜合法務事務所

2017.08.24更新

しばらく更新が途絶えていましたので、久しぶりの投稿になりますen

 

平成29年5月29日より、「法定相続情報証明制度」が始まりました

相続手続きで、戸籍謄本の束(たば)を提出することなく、一覧図の写し1枚に代えることで

 

相続手続きが簡単になり、相続人の負担軽減につながることが期待されています

 

新聞等に掲載された記事をみますと、法務局で簡単に無料で戸籍情報を証明してもらえ、

相続手続きが簡便になると謳われていましたが

 

 →本当にそうなのか?

 

相続手続きは、難しくて手間がかかるという思いをされた方も多いと思いますが、その中のひとつに

「戸籍謄本」を不動産や預貯金の手続きで、法務局やら全ての銀行等に提出する必要があるという点

があげられます

戸籍謄本を複数の役所で取得し、内容を確認し、法務局や金融機関毎に各々提出する必要が

あります

 

かなり多くの方が勘違いされていますが、「法定相続情報証明制度」を利用するにあたっては、

従来どおり、自分自身で全ての戸籍謄本を取得する必要があるということです 

 

この点は変わりません では、何が簡便になるのでしょうか?

 

法務局に全ての戸籍謄本の束(たば)を提出して、内容を確認してもらえ、一覧図の写しに

代えてもらえること、一覧図を複数枚もらえるというところです 

 

但し、内容確認については、不動産がある場合は、相続登記手続きの中で内容確認するので、

あえてする意味はありません

金融機関には、一覧図の写しを提出することで、戸籍謄本の束(たば)を提出しなくて済みますが、

相続人にとっては実はあまりメリットがあるとは思えません

 →現在、戸籍謄本の提出に代えて、一覧図の写しでよいとする金融機関はまちまちですので、

  各金融機関に直接お問い合わせください

 

多くの金融機関は、戸籍謄本の原本を回収せず、コピーを取って原本を返してもらえますから、

戸籍謄本の束(たば)は、 各1部でよいので、相続人にとっては一覧図の写しを複数枚発行して

もらえるメリットも薄いのかなと思えます

金融機関側は戸籍謄本の内容の確認の手間が省け、戸籍謄本をコピーする必要がない等のメリットが

考えられます

しかしながら、金融機関側の事務処理時間の短縮につながり、翻ってお客様の利便向上につながる

ことを期待したいです

 

業務に携わっている司法書士からみますと、複数の法務局や金融機関に同時提出して手続きができる

という点にメリットが感じられます

 

利用する相続人にとっては、戸籍謄本の問題は、提出にあるのではなく、戸籍謄本の取得の手間や

難しさにあるのです

 

もっとも、相続人側だけでなく金融機関等を含む相続手続きにかかわる全ての者にとって、

メリットあるものであってこそ制度は普及していくものでしょうし、そうなることを期待します

 

司法書士 梨子本 靖

 

 

投稿者: 司法書士梨子本綜合法務事務所

2015.08.21更新

よろしくお願いいたします。

投稿者: 司法書士梨子本綜合法務事務所

前へ 前へ
  • 梨子本綜合法律事務所 相続・遺言サポート専門サイト
  • スタッフブログ
梨子本綜合法務事務所 お問い合わせはこちら tel:044-952-9550
contact_tel_sp.png 梨子本綜合法務事務所 お問い合わせはこちら